オーガニックコスメについて

オーガニックコスメとは?

海外では、オーガニックコスメの基準が厳しく認証基準をクリアすることが要求されます。

ところが、日本ではオーガニックコスメに関した明確な基準がないのです。なので、農薬や化学肥料を使わず、有機栽培した植物成分を活用した化粧品を多くの場合、オーガニックコスメと称します。

敏感肌の方にもわかりやすいように、肌の刺激を生じやすい化学成分を含まない製品がほとんどで、肌がそもそも持っている自己治癒力を引き出す効果が期待できます。

 


オーガニックのメイクを使うメリットについて

スキンケア用品にはオーガニックを使用しても、メイク用品にはあまりこだわらない方が多いのではないでしょうか。ところが、肌にのせている時間が長いメイク用品にこそ、肌への負担が少ないものを選択したいですね。

気になる部分をカバーしつつも肌を保護

一般的なメイク用品には使いやすさや発色をよくすることから石油由来の合成成分が多く含まれていることで、体質によってアレルギーになる可能性も考えられます。

リキッドファンデーションやクリームファンデーションには、水と油をまぜ合わすので合成界面活性剤も多く使われていることから、肌が乾燥したり荒れたりする人もいるのではないでしょうか。合成成分を含まず、オーガニック成分を中心として作られたファンデーションを活用すると、気になる部分をカバーしながら肌を保護することが可能となります。

一般のフェイスパウダーにも合成ポリマーやポリクオタニウムなどの石油由来合成成分が使用されているものが多く、天然ミネラル・オーガニックの植物成分がメインとされるパウダーを利用してみることもおすすめです。

肌の自己治癒力を引き出すよくあるメイク用品によっては紫外線吸収剤やパラペン、アルコールといった、肌の負担になる化学成分が含まれている傾向が強く見られます。よって、化学物質をなるべく使わないで、肌本来の自己治癒力を引き出す目的で考えられたオーガニックのメイク用品には敏感肌でお悩みの方にピッタリかと思います。

オーガニックのメイク用品は肌にやさしいということで、スキンケアの効果が小さいと思われるかもしれません。しかし、植物の中には美容成分も含んだものがありますので、保湿やエイジング、美白ケアに合う成分を抽出することができるというわけです。

コンシーラーやアイメイク、マスカラなどに関してもオーガニックのメイク用品が用意されています。色落ちしやすいというマイナス面も見られますが、合成成分で刺激を受けやすい方には、オーガニック製品をを選んだ方がいいと思います。

よくあるメイク用品は色落ちしにくいのですが、クレンジングの時に肌にかかる負担も大きくなることも忘れないようにしましょう。その中でも、皮膚の薄い目元に使っているものには、できるだけ肌に負担かからないものを選びましょう。

 


オーガニックの化粧品の場合でもUV対策が可能です

一般的なメイク用品には、オキシベンゾンやメトキシケイヒ酸エチルヘキシル、エチルヘキシルトリアゾンというような、石油由来の合成成分とされる紫外線吸収剤を含むものが存在しています。

こういった紫外線吸収剤には吸収した紫外線を肌の表面で熱として放出する効果があります。熱に変換する上での化学反応で、かぶれなどの肌トラブルがもたらされることもあり、肌への刺激が気になる成分と言えます。

オーガニックのメイク用品には、紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤が多く配合されています。紫外線散乱剤は肌の表面で紫外線を物理的に反射させる成分になります。化学反応を起こさなく、肌にやさしく紫外線対策をしたい方にピッタリです。天然ミネラルとされる酸化亜鉛や酸化チタンがこの紫外線散乱剤に該当します。

そのように、ここ最近UV対策もできるオーガニックのメイク用品が多くなってきました。成分表示をしっかり確かめて刺激が少ないオーガニックコスメをうまく利用することでUV対策をしてはいかがでしょうか。

 


オーガニックメイク用品を選ぶときの注目点

オーガニックと記載があっても、あらゆるメイク用品が「100%オーガニック成分で作られている」とは言い切れません。オーガニックのメイク用品の中には、合成界面活性剤や合成防腐剤などが含まれている事もありますので、購入する場合には、成分表示をしっかりとチェックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)