アトピー性皮膚炎の発症原因について

アトピー性皮膚炎はどうして起こるのでしょうか?

アトピー性皮膚炎は乾燥してバリア機能が正しく働いていない状態での肌にダニやほこり、汗といった刺激をもたらすことで皮膚に炎症やかゆみが起こる症状なのです。

アトピー性皮膚炎のの原因はいろいろありますが、アレルギーを引き起こすアレルゲンに敏感な体質、乾燥肌、食事、ダニ、カビ、ほこり、動物の毛、紫外線、汗といった他にも、精神的なストレスや体調不良、睡眠不足といったものが考えられます。


正しいスキンケアとは?

アトピー性皮膚炎を和らげるスキンケアについて考えてみると、清潔にすることやきちんと保湿させるスキンケアを基本とすることです。仮に、赤ちゃんの口は食べ物やよだれのせいで汚れやすいことから、事あるごとに濡れティッシュなどを使って拭いてあげることで清潔さを保ち、乳液等で保湿してあげると思います。

そして、汗によりアトピー性皮膚炎が悪化すると考えられていることから、汗をかいたらまめにシャワーで汗を流し、肌の水分が乾燥しないように乳液やクリームを使ってしっかりと保湿することを習慣化してください。

肌が乾燥させることはアトピー性皮膚炎にはあまりよくないことですので、肌の水分や油分を補うためのスキンケアを心がけたいものです。皮脂を落としすぎないようにする場合にはシャワーや入浴時、石けんで強く擦り過ぎてしまうと、必要な皮脂までもが洗い流されてしまい、アトピー性皮膚炎の悪化を促してしまう事があります。

肌にやさしい石けんを使用してよく泡立てたものを全身を泡で包みこむようにやさしく洗うことが大切なのですが、石けんの成分を洗い残こさないように落とすことが重要です。


日焼け止めの使用について?

紫外線により影響を受けるダメージによってアトピー性皮膚炎が悪化してしまう可能性があることから、出かける際にはなるべく、UVケアのできるクリームなどを塗ることがおすすめです。ただ、大人用のUVケアクリームそのものが症状を悪化させてしてしまう可能性がありますので、赤ちゃんもに使用できるような肌にやさしいものが安心です。


生活改善について

生活改善でアトピー性皮膚炎の軽減も期待が持てます。不規則な生活を送ることで、睡眠不足になるとアトピー性皮膚炎が悪化するとされています。睡眠不足は体調不良にもつながってしまうことから、しっかりと睡眠時間をキープしましょう。


食べ物に気をつける

アレルギー反応を引き起こす食べ物を避けるだけではなく、ジャンクフードや甘いものの摂りすぎには注意が必要です。


生活環境を改善させる

ダニやほこりに対してのアレルギーがあるのでしたら、生活の軸でもある家をまめに掃除することで、清潔さを保つようにしてください。その中でも家族が共に過ごすリビングルームや子供部屋の掃除は念入りにするべきです。ダニは、カーペットやふとんに潜んでいることが多いことから、掃除機を使ってしっかりと掃除しましょう。そしてふとんはほこりの出づらいものを選ぶことがおすすめです。


ペットを飼わない

ペットの毛が皮膚に対しての刺激になってしまうことも考えられますので、動物に関するアレルギー体質のある方はなるべく控えることがおすすめです。動物アレルギーを持っているのかは、採血により調べることが可能です。


ストレスを解消する

お子さんは緊張したり、不機嫌になったりするとアトピー性皮膚炎が悪化することがあるといわれているようです。

心の状態が体に出てしまうこともアトピー性皮膚炎の特徴なので、身近な大人は子供がストレスを感じていないか注意して見てあげるようにして下さい。

特に思春期からは進学などで環境が変化することにより症状がひどくなったり、受験勉強の緊張や寝不足がストレスになる可能性があるので気を付けてください。


無理をして頑張りすぎるのはマイナス効果

アトピー性皮膚炎の症状がよくなることを望み、生活習慣や食事療法、通院などを頑張りすぎてしまうと、かえって子供にしてみれば過度のストレスになるかもしれません。

あせらず少しずつ取り組むように気を付けてください。


通院による治療について

アトピー性皮膚炎を病院で治療を受けると処方されるものといえば、炎症を抑えるステロイドの塗り薬やかゆみを抑える内服薬となります。

辛いかゆみや皮膚のただれがある場合はまず症状を安定させるようにしないと日常生活に支障が出る可能性がありますので、迷わず病院や専門機関の受診をすることをおすすめします。

発症の原因とされているアレルギーが生じる原因を検査し、医師に従って適正な治療を受けることが重要です。


漢方薬を活用する

漢方薬は即効性は自律神経のバランスを整えるといった長期的な体質改善が目的になります。漢方薬を扱う薬剤師または専門の機関に相談することも一つのやり方かもしれません。

 

ティモティア保水バリアクリーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)