コラーゲンと低分子コラーゲンについて

コラーゲンと低分子コラーゲンの違いについて

コラーゲンは高分子のタンパク質として、分子を構成する原子の総量(=分子量)は30万ほど。人がコラーゲンを摂り入れると、体の中でタンパク質が分解された上で、アミノ酸となって吸収されるのです。

ですので、コラーゲンのスキンケアに意味がないという結果にはなりません。しかし、摂取から吸収までにこれらの長い行程を必要とすることもあって、代謝・吸収が遅くなってしまうのもまた事実になります。

それに対して低分子コラーゲンは分子量が非常に小さいこともあって、吸収までの時間が短く、消化吸収率が高くなります。さらには、低分子コラーゲンは皮膚の角質層への浸透作用が期待されています。

皮膚の表面は角質により守られており、数百程度の分子量のもの以外では浸透することができません。通常、コラーゲン成分がスムーズに皮膚に浸透するためには脂溶性となっていて、さらに分子量500以下であることが前提とのことです。

なお、一般的な動物性コラーゲンの分子量というのは30~40万、海洋性コラーゲンは10万、加水分解コラーゲンが1万前後、そしてコラーゲンペプチドは3000~5000と分子量が高いことが特徴となります。

ですが、低分子コラーゲンの分子量は500~1000という数値に至るまで低くなっており、通常のコラーゲンが含まれている化粧品には、肌表面にうるおいを与えることを目的にしていることから、低分子コラーゲンが含まれている化粧品はより角質層へ浸透する可能性を持っているということになるのです。

このあたりに加え、低分子コラーゲンは冷却しても固まりにくい性質が見られることにより、飲料や化粧品に多く利用されているのです。


コラーゲンの働きを最大限に得るには?

コラーゲンをより吸収するためにはどのようにしたら良いのでしょうか?

消化吸収のよさや角質層に至る迄の浸透力を考えると、低分子コラーゲンが配合されたドリンクや化粧品、サプリメントを選ぶことが良いのではないでしょうか。

それとは別に肌の保湿効果だけを求めるなら、一般的なコラーゲン配合のスキンケア商品でも実感することはできると思いますので、目的や用途に応じてコラーゲンを取り入れることをおすすめします。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)