ニキビについて

ニキビの芯の正体とは?

ニキビの芯というのは古い皮脂や角質が蓄積されて角栓ができることで、毛穴が詰まり、毛穴の中に古い皮脂が溜まった状態のことになります。

初期状態である芯はまだ炎症を起こしていないのですが、毛穴が閉じていると白い芯(白色面皰)に見えます。通常よく見る芯にはこの種類が多く、毛穴が開いたまま角栓ができると酸化が進行して、黒い芯(黒色面皰)に見えます。

どちらの場合でも毛穴が閉ざした状態になりますので、もとから毛穴に存在するアクネ菌が増殖しやすい環境になって、アクネ菌から放出するリパーゼが、毛穴に溜まった皮脂を遊離脂肪酸といった物質に変えます。

この遊離脂肪酸が毛穴の壁を傷つけることから、芯の中身が毛穴の壁から外にでてしまうことになり、これを異物反応として炎症を引き起こすと考えられます。つまり黄ニキビとよばれる化膿したニキビになります。

この状態が長く続くと、ニキビ跡がずっと赤みを残し、炎症後の色素沈着といった茶色いシミを残したりするのです。しかし、このようなニキビ跡の色味は、数か月で目立たなくなるため心配はいりません。

かえって、皮膚がクレーター状に陥没してしまった場合自然に治るということは期待できないことから、気をつける必要があります。


ニキビの芯はとってもいいのでしょうか?

自分では取らないようにしてください。ニキビができた時のニキビケアの基本は、とにかく洗顔が最も良い方法です。洗顔は、過剰に分泌されている皮脂を洗い流します。しかし、芯を洗顔で完全に取り除くというのは、困難だと思います。


ニキビの芯を自分で潰してはいけない理由とは?

自分で芯を取ると細菌が入りニキビが悪化することがあり、セルフケアでニキビの芯を取ろうとすることで、ニキビを悪化させてしまうかもしれません。指で芯を押し出すことからニキビを潰し、取り去ったつもりであった場合でも毛穴に傷がつき、雑菌が侵入して炎症を起こしたり、化膿する原因となります。

毛穴の中身を押し出せた場合でも、ホルモンの影響下にある肥大した皮脂腺が毛穴と共に存在していることから、皮脂は再び皮脂腺から続々と分泌されるためキリがないのです。そして、押し出そうとすれば爪の形と似ている赤味やシミが濃く残ってしまうデメリットの方が上昇します。

そういった意味でも自分の手で無理やりニキビの芯を取るのは止めておきましょう。また、化膿してしまった赤ニキビや黄ニキビはいずれもアクネ菌が繁殖して炎症を起こしていることもあって、ニキビを手で潰してしまった場合、ニキビ菌の増殖を誘発して、さらに炎症が悪化するかもしれません。

固いしこりがあるニキビや大きなニキビについてはどうも目立ってしまうので、何気なく自分で押し出してしまいたくなるかもしれませんが、逆に悪化させてしまうこともありますので、できるだけ早く皮膚科を受診して圧出してもらってください。


皮膚科でニキビの芯を取る方法とは?

皮膚科で芯を取る効果(メリット)

皮膚科の中には、ニキビの芯出し・圧出といったケアを行ってくれるところがあります。

ニキビの芯出し・圧出とは、細い針でニキビの頂点に穴をあけてから面皰圧出器でニキビの中にある芯を押し出すことになります。レーザーを使って穴をあけて面皰圧出器でニキビの中にある芯を押し出す方法もありますが、これが保険診療外の治療になります。

ですが、ニキビの状態によっては、芯出し・圧出を受けることができない場合もあるので、事前に医師に自分のニキビの状態を見てもらい、判断してもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)