ニキビを潰すとよくない理由とは?

ニキビを潰すとよくない理由

ニキビ跡の原因には手についている雑菌などがニキビをつぶした所から入ることが原因で、炎症を起こしてニキビが悪化しする可能性があります。

手に関しては見た目はキレイに見えるかもしれないのですが、実は目に見えない雑菌が数多くついているのです。

消毒した針を刺したり、消毒した手でつぶす方もいるようですが、素人の自己判断であった場合、周囲の組織を傷つけることによりかえって炎症を拡大させたり、ニキビ跡が残る可能性がありますのでやめておくことをおすすめします。

何もしなくても、肌を守る機能が潰れてアクネ菌が増加していしまう状態に陥っていますから、可能な限り清潔にすることで刺激を与えないというのがニキビケアには肝心かと思います。

ニキビ跡が残る原因のもう1つはニキビをつぶす時に強い圧力がかかり、周りの肌も傷くことで刺激が与えられ、メラニンの生成が促進してしまいシミや色素沈着や、更なるトラブルを招きかねません。

そして、1度ニキビをつぶし始めてしまうと、それ以降もつい気になって何度も手で触れたりひっかいたりしてしまいます。悪癖となって習慣化しストレスが増すと、つぶさずにはいられないといった「引っ掻きニキビ」と言われる名前まで付いているくらいです。

このように、ニキビをつぶするとか不用意に手でさわってしまうことで、悪化するだけでなくニキビ跡として残存してしまう可能性が高くなるのです。


ニキビ跡の治療には皮膚科がおすすめです

皮膚科でしたらニキビの種類や状態を診てもらったうえで、適切な対処をしてもらうことが出来るので安心でしょう。

ニキビの初期状態とされる白ニキビになっているとすれば、毛包内に貯留をしている皮脂を圧出する(面皰圧出)処置が有効です。専用の器具(面皰圧出器)を使って行う場合と、医療機関によってはCO2レーザーを活用して圧出処置を行ってくれるところもあります。

CO2レーザーでの圧出はレーザーの熱作用により面皰内の殺菌を行うことが可能で、ほかにも同じ様に熱効果により皮脂腺にダメージを与えることを可能にするので、同じ所にニキビができにくいといった相乗効果も見られます。

そこで、軽く進んだ赤ニキビの状態でしたらどうでしょうか。炎症を招いた状態の赤ニキビになると、処置にともなう痛みが強いばかりか、更に状態を悪化させてしまうので、圧出処置は行ないません。

抗生剤を内服したり、炎症を抑制する治療が中心となっています。そして、炎症が進行することで膿みをもったニキビに関しては、膿をだして、炎症を抑える注射を併用すると考えられます。

そして、ニキビの治療に限らず白ニキビの予防という意味合いにおいては、皮脂の分泌を抑制するビタミン剤の服用や、肌のターンオーバーを整える薬も効果が期待できることから、皮膚科でしっかりとケミカルピーリングを受けることがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)