ホルモンバランスを整えるには?

女性ホルモンはどうして乱れるのでしょうか?

女性ホルモンには、体のバランスや成長を促進する働きをしますが、ちょっとした事で乱されてしまいます。女性ホルモンが乱れる大きな原因については、以下のようなことが関係しています。


ちょっとしたことで乱れる女性ホルモンについて?

女性ホルモンは主として卵巣から分泌されています。その量や分泌するタイミングを視床下部がコントロールしているのです。

視床下部は、間脳の一部分に見られ、ここがストレスを感じることにより、ホルモン量を正しく分泌することができなくなります。そして、生活習慣の偏りや睡眠不足においてもホルモンバランスの偏りがもたらされる原因になるのです。

女性ホルモンは食べ物にも大きく影響を受けます。食事をする時間が変則的で、インスタント食品やジャンクフードを食べるまたは偏った食事内容にによって、ホルモンバランスが崩れるといわれています。

さらに、無理な食事制限を行ったダイエットでも栄養が偏ってしまうことになり、ホルモンバランスが崩れてしまうようです。


女性ホルモンが乱れる主な生活習慣

ホルモンバランスが崩れる原因は、人それぞれバラバラです。食生活においては上記以外にコーヒーや紅茶をよく飲む方にホルモンバランスを崩しやすい傾向にあるようです。

また、お菓子や揚げ物をよく食べる方も注意が必要です。さらに、生活スタイルが昼夜逆転している人や寝る前にスマートフォンなどを頻繁に使っている方もホルモンバランスが崩れる引き金になります。

他には、多忙な状態で休憩する時間がとれない方や趣味やリフレッシュをする時間のない方などにも女性ホルモンの分泌量が乱れる場合があることから、毎日の生活でホルモンバランスが崩れることも考えられます。


日々の生活でホルモンバランスを整える方法について

ホルモンバランスを整えるためには十分な睡眠と休養をとることが必要になります。何より、睡眠中はホルモン分泌が促進される時間帯になるので、睡眠時間が短い方は見直しが必要になります。


睡眠とともに休日をとる

睡眠中は身体を回復したり改善したりする時間でもあって、睡眠は重要な時間だということがいえるのではないでしょうか。そして、仕事などで忙しく休日がとれない方は、休む時間を確保するようにしましょう。お休みの日がないと、ジワジワとストレスが溜まっていき、ホルモンバランスが崩れる原因にもつながります。

趣味がない方もなにかストレス解消ができることを見つけ出して、熱中できる時間を見つけ出すことがおすすめです。


食生活を見直すホルモンについて?

バランスを整えるとすると、食生活を見直すことも欠かせません。インスタント類やジャンクフードばかりに食べていると、ホルモンバランスが崩れるだけでなく疲れがたまり、イライラしやすくなる傾向にあります。

女性ホルモン同様な働きをする成分に、大豆イソフラボンを挙げられます。大豆イソフラボンは、納豆や豆腐に多く含まれていることから、イソフラボンが配合されたサプリメントや毎日の食事にとりいれることで、ホルモンバランスを整えることが可能です。

また、カツオやマグロなど魚類に多く含まれるビタミンB6には、体の中にエストロゲンの代謝を促進する働きがあるのです。


アルコールや喫煙を控えましょう

タバコには活性酸素を生み出す影響があって、この成分は卵巣の機能を下げることも考えられます。

加えて、大量の飲酒がホルモンバランスを崩す悪影響をもたらすことで、生理周期が乱れて閉経が早まる可能性があるとのことです。生活習慣において飲酒や喫煙が多い場合は、なるべく控えるようにすることをおすすめします。


運動する習慣をつける

適度な運動は自律神経を正常化させ、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。ウォーキングを行うだけでも効果があることから、運動する機会が少ない方は生活の中に取り入れたいものです。


脳の休息も大事

ホルモンバランスを整えるためには脳を休ませることも大切になります。女性ホルモンが分泌されるのは卵巣からなのですが、命令を出しているのは視床下部です。

その命令を受けて卵巣がホルモンを分泌するわけですが、脳がストレスを受けてしまった時は正常にホルモンを分泌することができなくなるようです。それから、脳は非常にデリケートな器官ため、ストレスや生活習慣の乱れにより自律神経に支障をきたすことが考えられます。

その影響を受けて、ホルモンバランスが崩れることになります。ホルモンを整えるには、脳の休息も必要不可欠ですから、しっかりと休める日を作りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)