目の下のクマやたるみの原因について

目の下のクマやたるみの原因について

目の下のたるみやクマには様々な原因があります。例えば、皮膚内のコラーゲンやヒアルロン酸の減少によってできてしまう老化による皮膚のたるみ、目の下の脂肪がふくらんでしまうことによってできてしまうたるみなどです。

他にも、まばたきの回数や化粧品が原因となることもあります。それでは、それぞれの原因について詳しく見てみましょう。

年齢で筋肉が衰えハリや弾力がなくなる目の下のたるみの一番多い原因は老化だといわれています。年齢と共に目の周囲の筋肉が衰えていき、脂肪が溜まって皮膚が下がることにより、目の下にたるみができてくるのです。

特に目の周囲は皮膚が薄いので、たるみが目立ちやすい箇所でもあります。また、お肌にもともと備わるヒアルロン酸やコラーゲンなどの水分を保持する役割を果たす物質が年齢と共に減少することによってもお肌にハリがなくなってきます。

目の下の皮膚も同様にこれらの物質が減少しハリや弾力がなくなってきてたるんできてしまうのです。眼窩脂肪のふくらみや目の酷使目の下のたるみの原因は、老化だけではありません。目の下の脂肪のことを眼窩脂肪(がんかしぼう)といいますが、年齢を重ねると次第に飛び出すようにふくらんできます。

これにより目の下の皮膚がたるんでしまうケースもあるのです。この眼窩脂肪が影になってクマのように見えてしまうことも多いようです。

目の下がたるんでさらにクマもあると、顔全体が暗い印象になってしまいます。また、毎日パソコンやスマートフォンの画面を長時間見ている方は要注意です。長時間画面を見てまばたきの回数が減ると、目の周囲の筋肉が衰えやすいのです。このことで目の下のたるみが起きていることもあるようです。

もしも、目がピクピクして開けづらいといった症状をお持ちの方はスキンケアだけではなく、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の可能性がみられるかもしれません。その場合には専用のアイクリームも存在しています。それでも症状の軽減が見られない場合には、診療機関での受診・治療がおすすめされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)