お肌が乾燥する原因について

生活習慣で影響する乾燥の原因について

肌が乾燥する場合にまず考えられる事は、肌と相性の悪いケアをしている、生活習慣、中には無意識に行っている習慣の積み重ねや加齢によって起きていることがあげられます。それでは乾燥の原因とは一体どのような習慣などで起きてしまうのでしょうか?


間違ったスキンケア方法を自分で行う

体に比べて薄いと言われているが顔の皮膚になります。中でもまぶたは一際薄い部分になります。それにより、お肌と相性の悪いセルフケアをする事で、乾燥や肌荒れを起こしてしまう大きな要因となります。そこで、自宅で行うおすすめしないスキンケア方法とは一体、どのようなものでしょうか。

 熱いお湯で洗ってしまう

高い温度のお湯で洗顔を行なってしまうと肌に必要とされる皮脂までが落とされることで、お肌の乾燥に繋がります。特に冬の寒い季節になると何気にお湯の温度を高くして洗ってしまいますよね。しかし、そこはなるべくぬるま湯でクレンジング、洗顔をすることがおすすめになります。

洗顔時や顔を拭くときなどに強くこすってしまう

顔の皮膚は体と比べても薄いことは先ほども記述したのですが、クレンジングの際にゴシゴシと強くこすってしまうことや、洗顔の後でタオルなどでこするように強く拭いてしまうことによって、肌に大きな負担をかけてしまうことが顔の乾燥肌に結びついてしまうのです。


生活習慣や環境で起きる乾燥について

睡眠不足の常習化

睡眠不足が常習化することでも乾燥肌の原因になるかもしれません。それは、夜間の睡眠中、お肌に栄養を送り込むために必要な時間でもあるからなのです。日中はどうしても栄養を脳に送ろうと体は働きます。なので、夜間の睡眠がお肌にとっての栄養補給タイムになるのですね。

暖房による乾燥について

暖房を使い室内の温度が高い状態が続くと、どうしても湿度は下がってしまいますよね。すると、お肌から水分が奪われることで乾燥してしまうのです。しかも、水分というのは性質上乾燥している所に運ばれてしまうことから、湿度が下がることで空気が乾燥してしまい、お肌が乾燥するといわれています。

 バランスの偏った食事で起こる乾燥について

必要に十分な栄養が不足してくることで肌のうるおいを保つことができなくなる場合があります。さらに、偏りのある生活習慣などにより代謝が落ちてくることで、お肌に必要な皮脂の分泌が減ってしまい乾燥しやすくなるとも考えられます。皮脂はお肌の保湿をするためにとても大切な働きをします。もちろん、皮脂の過剰な分泌はお肌にとって悪い影響を与えてしまうかもしれませんが、お肌の保湿にとって皮脂はとても重要な役割を果たしています。

ストレスによる乾燥

ストレスも乾燥肌の原因と言われています。ストレスを受けることでホルモンバランスが崩れてしまい、お肌の水分量が減少することから乾燥につながると考えられています。そして、その中でもデリケートな部分に影響が生じやすいため、もとからお肌のデリケートな方でしたらストレスが原因で乾燥や肌荒れ、かゆみといった症状がもたらされるかもしれません。


季節の変化で起きる顔の乾燥に対処するには

時期的な乾燥の対策としてまず大切なのは、日頃から意識してきちんと肌の保湿をすることが大切になります。そんなスキンケアのポイントといいますのは、セットで保湿できるスキンケアシリーズなどのトライアルセットや時短ができる保湿スキンケア、保湿オールインワンジェルなどをお試しで活用してみる事です。いきなり本製品を購入しようと思うと自分の肌質に合うかどうかも分からず、合ったものを購入するまでに、多くの出費をしてしまうかもしれませんよね。

そんな時こそ、最近はトライアルセットなど、メーカーからお試しセットなどが販売されていますので、こうしたものを試すことで、ご自分の肌に合うか調べてみるのも良いと思います。しかもコスパ的にもリーズナブルでワンコインから購入できるものも存在しています。毎日のことなのでコスト管理も大切かもしれません。しかし一番大切なのは、「ご自分の肌質に合うものを選ぶ!」ということではないでしょうか?


 クレンジング、洗顔について

冬は空気が乾燥する季節ですよね。普段通りにクレンジング・洗顔をしているとお肌がひきつりツッパり感を受けるのではないでしょうか。また、ぬるま湯で洗顔したり、お肌に優しい洗顔を意識して行った場合でも肌に違和感を受けるようでしたら、クレンジング・洗顔料を乾燥や潤い対策に重点を置いている商品を選んでみてはいかがでしょう?

保湿について

はじめに化粧水などでしっかり水分を補給をしてから、次に乳液やクリームで油分を補充します。お肌が乾燥している場合には、肌の角質層まで浸透する化粧水や油分の多い乳液、クリームを活用することで、肌から水分が逃げないようにするのがポイントです。お肌の乾燥を防ぐには、洗顔や入浴直後のタイミングでお手入れをすることが決め手になると思います

冬になると肌が乾燥しやすいことでお困りの方には、冬専用に化粧水や乳液、クリームなどの保湿力が高いとされるものに変えることをおすすめします。化粧水には水溶性の保湿成分が含まれたものがイチオシになります。

水溶性の保湿成分について

ヒアルロン酸・コラーゲン、エラスチン、グリセリン、プロピレングリコール(PG)ブチレングリコール(BG)

などがあげられます。水溶性の保湿成分を含んだ化粧水で水分を補填して乳液、クリームなどでカバーしてください。乳液やクリームは、油溶性の保湿成分が入ったものを選ぶことがポイントです。

油溶性の保湿成分について

セラミド(ヒト型セラミド *セラミド2、セラミド3など番号がついて表記されています)、ステアリン酸コレステロール・スフィンゴ脂質、水素添加大豆レシチンなどがあります。

それにもかかわらず乾燥してしまうことがあるようでしたら、試しにワセリンを使用してみてください。やわらかい使い心地がお肌の表面をカバーすることで保護をして乾燥を防いでくれるのではないかと思います。

 

\↓お肌に必要な皮脂が不足してお悩みの方におすすめです!/

coyori美容液オイル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)